この施策によって経済が安定した為、元文小判は80年以上ものあいだ市場に流通した為、流通による損傷が激しく、このような美品で現在まで残っているのは非常に稀です。
咸豊の、それもたった4年の間しか鋳造されなかった為、希少価値の高い穴銭になります。
その為、素材そのものの価値は他の二分判には及びませんが、それでも状態によっては後学で取引される事があります。
その為、価値が落ちる事もなく、現代に至っても大判、小判、穴銭、古金銀などが高額で取引されています。